飼い方

猫をケージに入れると暴れる!ストレスにならない対策とは?

『これから猫を飼う!』
ことが決まったら、
わくわくしますよね!

でも決めなきゃいけないこと
揃えないといけない物
たくさんあります。

cat0045-026

中でも、
’’ケージ飼いにするかどうか’’
は最初に決めるべき事柄の1つです。

ゲージ飼いは
いたずらが防止できるなど、
猫にも人にもメリットのある飼い方です。

しかし一方で、
’’猫にストレスがたまるのでは・・・?’’
といった心配もあります。

今回はこれから猫を飼うあなたのために、

  • 猫がゲージで暴れる時の対策方法
  • 猫のゲージ飼いはかわいそうなのか

をまとめました。






猫がケージで暴れる!飼い主ができる対策とは?

猫によっては、
ゲージに入れられたとたんに
ゲージの中で暴れまわる子がいます。

ゲージの中で暴れると、
骨折や打撲などのケガに
つながるおそれもあるため、
暴れないような対策が必要です。

ゲージで暴れる時の対策

●少しずつゲージに慣らす
 -ゲージ中にトイレを置く
 -ゲージの中で食事やおやつを与える
 -ゲージに入れる時間を徐々に伸ばしていく
      
●高さのあるゲージを用意する
      
●ゲージ内に小物を設置する
 -ハンモックやキャットタワーなど

少しずつゲージに慣らすには、

  • ゲージ中にトイレを置く
  • ゲージの中で食事やおやつを与える
  • ゲージに入れる時間を
    徐々に伸ばしていく

といった方法がオススメです。

’’ゲージの中で過ごす’’ことを
日常の1部に組み込み、
猫にとって自然なこととしていくのです。

猫はもともと狭い所好きですし、
プライベートな空間も必要な生き物です。

’’ゲージの中は猫専用の、
自由にくつろげる狭い場所’’
なのだと、猫に認識してもらいましょう。

そうすれば、ゲージに慣れてくれます。

img_0

また、高さのあるゲージを用意するのも
コツの1つです。

猫は広い空間よりも高い空間が好きです。

そのため、
できるだけ高さのあるゲージ
用意してあげてください。

きっとゲージの中が
お気に入りの場所になると思います。

1352

同じ理由で、
ゲージ内の高い場所に
落ち着ける場所があると、
より安心です。

ハンモックやキャットタワーなど、
高さがあって猫がくつろげる小物を
ゲージに設置してあげましょう。

猫が本当に怒って暴れているのか
よくわからない時には、
⇒猫が怒る理由とは?鳴き声やしっぽの動きでも原因が違う?
をご覧ください。







その対策は猫のストレスにならない?

ご紹介した3つの対策は、
猫のストレスにならないのか
心配ですよね。

猫 寄生虫 人間11

大丈夫です、ストレスにはなりません。

3つの方法すべて、猫の
’’狭い所・高い所・自分だけの空間好き’’
な性格と習性を利用した対策方法なので、
猫がストレスを感じることはないです。

むしろ、
快適に過ごせるようになると思いますよ。

猫のケージ飼いはかわいそうって本当?

『猫のゲージ飼いはかわいそう
という話を聞いたこと、
ないでしょうか?

たしかに、
猫をゲージ飼いすることには
賛否両論あります。

ゲージ飼いのメリット(賛成派の意見)

●人間にとって
 -外出時のいたずら防止
 -来客時に隔離できる
 -病気療養時に安静にしやすい
 -人間の生活リズムを守れる
  (睡眠・仕事・勉強の
   邪魔をされない)
       
●猫にとって
 -自分専用のくつろぎ空間を得られる
 -静かに過ごしたいときに
  自由にそうすることができる
 -入院や安静が必要な時にも
  ストレスがたまらない
 -飼い主の目の届かない場所で
  危険な目に合わない

 

ゲージ飼いのデメリット(反対派の意見)

●人間にとって
 -猫とずっと一緒にいられる
 -自由気ままな猫の可愛さを
  24時間堪能できる
       
●猫にとって
 -自由がなくなる
 -狭いゲージ内ではストレスがたまる
 -温度変化への対応が難しくなる






獣医さんでも意見はわかれており、
正直どちらが正しいのかは
わかりません。

ただ、

  • 通院や入院時には
    ゲージに入れなければならない
  • ケガや病気の時には
    ゲージ内で安静にさせなければならない

ことを考えると、
ゲージ飼いできる程度に
ゲージに慣れておくことは必要です。

cat0056-051

結局のところ、
ゲージ飼いが

猫にとって正しい飼い方なのかは、
あなたの飼い方による
のだと思います。

小さい頃からゲージに慣らし、
ゲージが猫にとって
’’自分だけのくつろぎ空間’’
になっているなら、
ゲージ飼いは正しい飼い方になるでしょう。

しかし、
急に低いゲージに入れっぱなしにするなら、
ゲージ飼いは大間違いの飼い方になります。

ケージが必要な場合の正しい飼い方は?

猫にとって
ゲージ飼いが正しい飼い方
になるためには、
どんなふうにすればよいのでしょうか。

ケージが必要な場合の正しい飼い方
みていきましょう。

ゲージ飼いが必要な場合の正しい飼い方

●高さのあるゲージを用意する
       
●運動と自由の時間を
 たっぷり確保する
     
●温度管理を徹底する
     
●水をたっぷりゲージ内に用意する
     
●ハンモックやキャットタワーなど
 高さのある小物を用意する

この5点を守れば、
ゲージは猫専用くつろぎ空間になり、
正しいゲージ飼いができます。

理想的なゲージを用意してもらった
猫の動画をご紹介します。

こちらの猫ちゃんは
普段は室内で自由にしていますが、
夜はゲージで寝るよう
しつけられています。






3階建ての立派なゲージの中には、
ゆったりくつろげる小物が
たっぷり用意されています。
(所要時間:3分8秒)

まとめ

いかがでしたか?

猫のゲージ飼いに反対の人も多いですが、
正しく飼えば
猫にとってもメリットのある飼い方です。

高さのあるゲージを用意して、
猫が安心してくつろげる小物を
いれてあげましょう。

ゲージの中が
猫にとって落ち着ける場になれば、
「ちょっと静かにゆっくりしたいなー」
という気分のときに
ゲージに自分から入っていくような、
おちついた猫に育てることができますよ。






ABOUT ME
にゃんたんとあそぼ編集部
猫ちゃんと遊ぶのが大好きな20~30代の男女4人チームです。 猫を飼っている経験から、 猫の気持ちがわかり、 どうすれば楽しく猫と同居できるのか?を 皆さまにお伝えしたいと思っています。 猫の飼い方や、楽しい猫ちゃんとの生活に お役立て頂ける記事を書いています。


今ならペット保険が月700円から入れる♪

愛猫の健康、心配ですよね?

実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまで手術費用を請求する
確率が80%というデータが出ています。

※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険って、
『どんなサービスあるのか分からない!』
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険が愛猫に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたには、
ペット保険の資料一括請求がおすすめです。

・かんたん入力で保険会社の違いが明確。
・愛猫の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、
愛猫にピッタリな保険がわかります。

⇒ペット保険の資料を無料で請求する♪